日本でずっと暮らしたい!
ビザ相談から外国人雇用に対するコンサルティング、法人顧問まで幅広く対応しております。不許可後の相談も承ります。

永住・帰化

 外国人の方が、安心して日本で暮らしていきたい、と考えた時に、永住もしくは帰化を思い浮かべるとおもいます。特に、帰化に関しては、人生の節目に決意することが多いように感じます。たとえば、日本人のお相手との結婚を決めた時。結婚後何年か経ってから、決意する方も多いです。

そんな人生の節目に、お手続きをお手伝いすることができることは、とてもうれしいです。誠意をこめて、ご対応させていただきます。

 

以下は実際に私がお手伝いした方々の声です。

永住または帰化を意識したきっかけを簡単に記しました。

 

  • 仕事の関係で日本に長年暮らしていて、今後もずっと日本で暮らしていきたいから永住をとりたいです。」 30代男性

 

  • 「日本人の夫と結婚しました。これからも日本で一緒に暮らしていくため、私も、もっと日本に溶け込みたいと思いました。」 30代女性

 

  • 「奥さんが外国人です。国際結婚したので妻の帰化を考えてます」40代男性

 

  • 「私は特別永住者で、いままで日本人と何ら変わりなく生きてきました。婚約を機に、帰化を考えました。」20代男性

 

帰化も永住も、どちらも日本で長く安心して住むことができるという点では同じですが、これらの手続きとその結果を正確に理解されていなかたも多くいらっしゃるように感じます。

どうするか、決めかねている場合にも、ご相談いただければと思います。相談の中でだんだんと決意が明確になってくる、そんなフォローができれば幸いです。まずはお気軽にご連絡いただければと思います。

 

帰化と永住の違い

 

その1 手続き先(申請先)

永住は今までのビザ(在留資格)更新と同じで、入国管理局です。
帰化は日本国籍になるための手続きなので、住所地の管轄法務局です。

 

その2 その後の国籍

永住は、外国人のまま(国籍変わりません)。よって、パスポートも変わりません。
帰化は日本人になることを意味します(日本国籍になるのです)。

 

ここに注意

日本は原則、二重国籍を認めておりません。よって、日本国籍になるということは、今の国籍を捨てなければならないのです。母国に不動産などの資産をお持ちの方は注意が必要です。

 

その3 審査について 許可基準

審査は永住・帰化どちらも非常に慎重です。審査期間はともに、数か月~半年(場合によっては1年になることも)かかります。なぜならば、申請する外国人にとって最終審査になるかもしれないからです。これまでの日本での生活状況をみて、今後も安定して暮らしていけるか、を審査されます。

審査の基準は、共通な部分もありますが、異なる部分もあります。

居住年数・収入・年金・健康保険など・・・様々な基準があります。

 

そのなかでも、永住にはなく、帰化にはある特別な要件があります。

それが、日本語能力要件です。帰化では、日本語での面接があります。会話だけでなく、読み書きもできないといけません。小学校2~3年生レベルが要求されます。